土地活用

目的による土地活用の選び方や、比較の基本を紹介!

    

土地活用の目的として、「土地を売却してまとまった現金収入がほしい」「賃料から継続収入を得たい」「土地の所有権は手放したくないが、まとまった地代が欲しい」といった主に3つのニーズがありますね。これらの土地活用の3つの方法から、具体的にどんな手段があるのか?デメリットも踏まえながら、活用方法の基本を学んでいきましょう。

■売却して現金を得たいなら?
借入金の返済や土地の買い替え、不動産とは違う形での金融資産の運用といった目的なら、土地をそのまま売却して現金に換えて充てるのが一般的です。その主な手段としては、「土地売却」に加えて、建物を建てたうえで土地のみを売り渡す「等価交換」もあります。

固定資産税の負担をとにかく軽くしたい、活用方法が難しい土地で困っている、といったケースではそのまま土地を売るのがもっとも手っ取り早いです。余裕があれば不動産屋に媒介してもらって値段交渉を行えば高く売れやすいですが、買い手がなかなかつかないときは不動産屋に直接買い取ってもらいましょう。

目的による土地活用の選び方や、比較の基本を紹介!

■賃料収入で長期的に利益を得たいなら?
不動産の活用法として人気があるのが、土地や建物を賃貸して収入を得るやり方です。ハードルの低い駐車場経営から、ニーズが高まっているアパート・マンション経営、そして経営力が試されるオフィスビル・商業ビル運営まで、活用法も多彩に渡ります。

一番手を付けやすい駐車場経営でも、コストの安さというメリットを享受しながら、工夫をこらして収入をアップさせる余地があります。土地の転用や更地にもできるなど融通がききやすいので、賃料収入の方法で迷っているなら、駐車場経営はとりあえずの選択肢としても推奨できます。

土地をそのまま貸すよりも、アパート・マンション経営は高い収益が見込めるということで、注目度は高いです。借入金でマイナスになった分を賃料収入でプラスに転じさせるには、スマートで確実性の高い事業計画を練らなければなりませんが、個人経営でも行える範囲でやりがいもあるでしょう。

■土地を残しつつまとまったお金がほしいなら?
土地の所有権を維持したままで、シンプルに活用をするなら、一時金方式の「定期借地」にするのがおすすめですね。50年間の借地契約をすることで、その間の賃料が一括でもらえるほか、購入者側のメリットも大きいので借り手が見つかりやすいという良さもあります。

さらに、固定資産座が大幅に軽減されて、節税効果が高いというメリットもあります。借入金も不要でリスクを追わずに始められる活用法として、初心者でも手を付けやすくなっています。建物の賃料と比較すれば収益性は低いですが、土地を眠らせておくのはもったいない、節税をしたいというニーズをすぐに叶えられる選択肢として推奨されます。

借地契約期間の縛りがあるので、50年間は土地に手をつけられませんが、それでも構わなければおすすめの方法です。

■土地の値段をすぐに知りたいなら?
どんなニーズで土地活用をするにしても、まずはどれくらいの収益になりそうかシミュレーションをしてみましょう。不動産のおおよその査定だけなら、無料ですぐに行なえます。不動産会社による査定価格のばらつきがあるので、会社の選び方が重要です。

数百者も存在する会社からベストな査定価格をチェックするには、一括比較サービスを通じてまとめて査定してもらうのが便利です。各社ごとのプランや保証内容まで並べて比較できるので、初心者にも優しく納得のいく検討ができるでしょう。