土地活用するにあたってのデメリットを被らない為のリスク予防情報

どういったことが土地活用をするにあたってのデメリットに繋がるのかということをこのサイトで知っておくことが出来れば土地活用のデメリットのリスクの予防になるのではないでしょうか?

© 土地活用するにあたってのデメリットを被らない為のリスク予防情報 All rights reserved.

安易な個人間取引での土地活用にはこんな落とし穴もある!

土地活用で個人対個人の取引になったときに、手軽そうでは有りますが、実は思わぬトラブルの種も潜んでいます。
法律の知識に精通していないがゆえに陥りやすい罠を知り、それを防ぐにはどうすればいいかを考えていきましょう。

■借地権が発生する可能性が!

知人に使用料を支払ってもらい、少しの間土地を貸すだけのつもりだったのが、権利の強い「借地権」が相手に発生していた、という事例もあります。
一度土地を貸した相手に借地権が与えられると、簡単には土地を変換してもらえないというリスクが出てくるのです。

この権利が発生する条件としては、貸した土地に建物を建てること、使用料ではなく地代を支払い、「土地賃貸借契約」を結ぶ、といったものが挙げられます。
個人間の取引でも、きっちりと書類を作成・確認し上記の条件に該当しないか、勝手に建物を作らないよう取り決めをしておく、といった手続きや話し合いを確実にしておくのが回避策です。

強力な権利が付与された土地を取り返すにも、裁判や返還の交渉で大変なコストがかかります。
そうなる前に、慎重に契約内容を検討し、自分の土地の権利をしっかり守りましょう。

■土地活用する安全な方法とは?

気づかぬうちの借地権発生といった危険を回避するには、公平で安全な取引を仲介してくれる不動産会社などの業者を通すのが確実です。
法律の素人で対等な取引に不安がある方でも、法律や不動産の知識ともにプロである業者にサポートしてもらえば、取引相手に一方的に不利な展開を迫られる心配もありません。

土地を貸す前に、正確な土地の財産価値を専門化に見積もってもらい、適切な使用料を見極めなければ大損になりえます。
取引相手が建物を建てる許可を求めてきたら、定期借地権を与えて30~50年後に確実に返還してもらうという方法もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

土地活用と不動産投資の違いや、運用上の有利不利はどうなのか?

土地活用の初心者にとって、まず「不動産投資とどう違うのか?」という区別の段階から、よくわからないという声も聞きます。両者の違いを理解すると同…

土地活用しにくいなら、現金化したほうが相続面で安心!

土地を売却しておくのは、相続面でも大きく助けられるのをご存知でしょうか?土地のまま相続すると遺産分割の際に何かともめやすいので、相続しやすい…

立地を活かしたいと考えている方に知っておいてほしいのが「ローサイド店舗経営」

土地活用をする上において、その立地を活かしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。その際においてもいくつかの選択肢があるかと思いますが、中…

ページ上部へ戻る