土地活用するにあたってのデメリットを被らない為のリスク予防情報

どういったことが土地活用をするにあたってのデメリットに繋がるのかということをこのサイトで知っておくことが出来れば土地活用のデメリットのリスクの予防になるのではないでしょうか?

© 土地活用するにあたってのデメリットを被らない為のリスク予防情報 All rights reserved.

立地を活かしたいと考えている方に知っておいてほしいのが「ローサイド店舗経営」

土地活用をする上において、その立地を活かしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。その際においてもいくつかの選択肢があるかと思いますが、中でも「ローサイド店舗経営」という方法もあるのです。では、このローサイド店舗経営とはどのようなものなのでしょうか。

■幹線沿いの土地に最適なローサイド店舗経営
ローサイドとは幹線道路に面した土地のことを言います。ある程度の広さがある土地を所有していたとしても、駅から遠いですとかアクセスガしにくいという場合には、アパート・マンションなどを建築しても入居率が悪くなってしまうなどといった収益面でリスクが出てしまう可能性もあるでしょう。

しかし、ローサイドであれば、大型店舗や駐車場またはレストランなどに誘致する流れを作りやすく有望であるといわれているのです。

■つくる形態について
ローサイド店舗を作る形態としては大きくわけて2つ考えられます。1つが「地主の名前で建築をして、それを賃貸する」というタイプです。もう1つが「土地を貸して、テナントが建物をつくる」というタイプとなっています。

さらに建物をつくるパターンとしては以下のようなものが考えられます。

  • 建築資金を地主自らが用立てるというタイプ
  • テナントが資金を拠出するというタイプです。

後者のスタンスは「建築協力金」という呼び方をされています。実際のケースについてですが、建築資金の一部を地主が酔う建てて、残りをテナントからの協力金を補う「併用方式」が多いといわれています。

■土地を活かす方法として覚えておきたいこと
立地が良い土地を所有しているのでしたら、それを充分に活かすことが収益性としても有効性としても良い方法といえるでしょう。事前のリサーチなどを行って満足できる形をつくっていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

土地活用と不動産投資の違いや、運用上の有利不利はどうなのか?

土地活用の初心者にとって、まず「不動産投資とどう違うのか?」という区別の段階から、よくわからないという声も聞きます。両者の違いを理解すると同…

土地活用しにくいなら、現金化したほうが相続面で安心!

土地を売却しておくのは、相続面でも大きく助けられるのをご存知でしょうか?土地のまま相続すると遺産分割の際に何かともめやすいので、相続しやすい…

安易な個人間取引での土地活用にはこんな落とし穴もある!

土地活用で個人対個人の取引になったときに、手軽そうでは有りますが、実は思わぬトラブルの種も潜んでいます。 法律の知識に精通していないがゆえに…

ページ上部へ戻る