土地活用するにあたってのデメリットを被らない為のリスク予防情報

どういったことが土地活用をするにあたってのデメリットに繋がるのかということをこのサイトで知っておくことが出来れば土地活用のデメリットのリスクの予防になるのではないでしょうか?

© 土地活用するにあたってのデメリットを被らない為のリスク予防情報 All rights reserved.

土地活用と不動産投資の違いや、運用上の有利不利はどうなのか?

土地活用の初心者にとって、まず「不動産投資とどう違うのか?」という区別の段階から、よくわからないという声も聞きます。両者の違いを理解すると同時に、メリット・デメリットも比較していきましょう。

■新しく不動産を購入するか、否か?
土地活用と不動産活用の大きな相違点とは、土地活用なら「すでに所有している土地を利用する」、不動産投資なら「新たに土地を用意する」というものになります。土地からの収益の得方については、土地の売却や小規模な借地にするといった点以外では、似ている部分もあります。

不動産投資では収益が第一という積極的な動機が伴いますが、土地活用では「不要な土地を処分あるいは有効利用し、少しでも有益になれば」という趣が強いですね。それを理解すると、土地活用は誰にでも発生しうる機会であることが分かります。

■それぞれのメリット・デメリット
たとえば、建物から賃料を得たい時に、土地活用と不動産投資ではそれぞれどんな期待やリスクが予想できるのでしょうか。
すでに土地を持っているなら、初期コストは土地代不要になりますが、その代わり立地の好条件が選べないというデメリットがついてまわります。

不動産投資では土地の取得までしないといけませんが、収益を上げるのに有利な条件からじっくり立地を選べるという良さがあります。融資の点では、資産評価が高く融資されやすいのは最初から土地有りのほうになります。なので、アパート・マンション運用においても個人の土地が必ずしも不利になってしまうというわけではないのです。

あとは先見性と計画性さえあれば、堅実に収益を積み重ねていけるでしょう。条件が良い土地さえあればハイリスクではないので、検討してみる価値は高いです。

関連記事

コメントは利用できません。

土地活用しにくいなら、現金化したほうが相続面で安心!

土地を売却しておくのは、相続面でも大きく助けられるのをご存知でしょうか?土地のまま相続すると遺産分割の際に何かともめやすいので、相続しやすい…

立地を活かしたいと考えている方に知っておいてほしいのが「ローサイド店舗経営」

土地活用をする上において、その立地を活かしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。その際においてもいくつかの選択肢があるかと思いますが、中…

安易な個人間取引での土地活用にはこんな落とし穴もある!

土地活用で個人対個人の取引になったときに、手軽そうでは有りますが、実は思わぬトラブルの種も潜んでいます。 法律の知識に精通していないがゆえに…

ページ上部へ戻る